EVENT

「もしもし、奈良さんの展覧会はできませんか?」関連プログラム細川葉子 写真小屋「箱をあけてみませんか?」

会期中隔週金曜

  • 日程:2022年11月11日(金)、11月25日(金)、12月9日(金)、12月23日(金) 
    2023年1月6日(金)、1月20日(金)、2月3日(金)、2月17日(金)、3月3日(金)、3月17日(金)
    時間:15:00〜16:00 ※11月以降は時間が左記に変更になりました
    場所:「もしもし、奈良さんの展覧会はできませんか?」展示室2(「細川葉子 写真小屋」内)
    ※事前申し込み不要
    ※参加には当日の展覧会チケットが必要です。
    ※ご希望の方は、直接展示会場にお越しいただきその場にいるスタッフにお声がけください。

    美術館になる前の煉瓦倉庫で開催された2006年の展覧会「YOSHITOMO NARA +graf A to Z」では、
    奈良美智と、クリエイティブ・ユニットgrafとの協働によって煉瓦倉庫内に40以上の小屋が建ち並び、
    奈良作品や、奈良やgrafと関わりの深いアーティストたちの展示が行われました。
    カタログとドキュメントを撮影した写真家・細川葉子は当時の写真を素材として用い、
    建てられたそれぞれの小屋を小さな箱の中に再現し、本展で展示しています。
    箱の中をのぞくと、ひとつひとつの空間の記憶へと誘われます。
    会期中通常は触れることはできませんが、上記日時では特別にお手に取ってご覧いただけます。

Turn your phone

スマートフォン・タブレットを
縦方向に戻してください